これで決まり!WordPressテンプレート配布サイトベスト5!

n112_typewriter_tp_v

このホームページもWordpressで作られているわけですが、Wordpressが選ばれる一番の理由はやはりその自由度の高さにあると思います。
ただその自由度の高さが仇になってしまっている部分もあり、セキュリティの脆弱性などで、時々問題になることもありますね。

しかし、初心者の方にとって、また予算の限られた中小零細、個人商店さんなどには非常に頼もしい味方でもあると思います。

そこで今回は僕個人がおすすめするWordpressテンプレート(有料、無料問わず)配布サイトベスト5をまとめてみたいと思います。

ビジネスサイトにもってこいのテンプレート「Lightning」

http://lightning.vektor-inc.co.jp/ja/

僕自身もお客様の仕事で導入したり、おすすめしたりしています。

とにかくシンプルでありながら多機能、当然のようにBootstrapをベースにしたレスポンシブ対応なので、わざわざスマホ用にテンプレートを用意する必要がありません。

問い合わせ先情報の一括管理や、別途プラグイン導入でのCTA(Call to Action)対応など、その多機能っぷりには目を張るものがあります。

ExUnit とは | VK All in One Expansion Unit - WordPressでのサイト構築が飛躍的に楽になる多機能統合型プラグイン -
VK All in One Expantion Unit は多くのウェブサイトやブログで使用される機能を盛り込んだ統合型プラグインです。各機能は個別に停止出来るので無駄に重くなる事もありません。

まさに、ビジネスサイトであればこのテンプレートだけでも十分すぎるぐらい使えるホームページの完成です。

ミニマルなデザインがお好きな方にオススメ

Minimal WP

WordPressテーマ Minimal WP | シンプル&おしゃれな日本語テンプレート
WordPressテーマ「Minimal WP」はシンプルでおしゃれな日本語ワードプレステンプレートです。初心者でも簡単にスマホ対応のホームページが作れます。2012年のスタート以来、1万サイト以上でご利用いただいています。

こちらはシンプルでありながらも魅力的なデザインのテンプレートを販売しています。

価格は¥7,999〜¥9,999とお得な価格帯が多いので、雰囲気重視の店舗や若い方向けのビジネスを展開されている会社さんなんかにはいいかもしれませんね。

OPEN CAGE

ブログ向けWordPressテーマ「OPENCAGE」
数千人のユーザーに使われている「ブロガー専用」の「シンプルなWordPressテーマ」を販売しています。広告の設置やサイトカラーの変更、収益を生み出すCTAの設置など、必要最低限の機能を揃えており、「記事を書くことだけに集中できる」のでもうカスタマイズに時間をかける必要はありません。

アルバトロス、ハミングバード、ストークという3つのテンプレートを展開されています。

アルバトロスは主にブロガーさん向けなので、お店や会社でちょっと専門的にブログを展開しながらマーケティングに使いたい方にはおすすめですね。

ハミングバードは機能性もさることながら、コンテンツをよりよく見せたい方にオススメのテンプレート、最後のストークはスマホでの使用感に特化されたということなので、ユーザー層がスマホに偏っている場合などにはおすすめです。

質の高いテンプレートをお望みの方に

Themegraphy
質の高い無料・有料WordPressテーマだけを集めているサイト。

今までのサイトと違って、日本語専門というわけではありませんので、導入後CSSなどでフォントの調整などが必要になるかもしれませんが、いずれもレベルの高いデザインで、中途半端に自作するよりも余程高度なものが作れてしまいます。

とにかく数が多いので眺めているだけでも楽しいですし、デザイナーさんにとってはデザインの参考になる物もあるかもしれませんね。

ちょっとゴージャスな感じをお望みの方はこちら

ワードプレステーマTCD
WordPressのテーマ・カスタマイズ情報サイト

サイトのデザインからしてこれまでに紹介したサイトと若干毛色が異なりますが、その分個性的なデザインテンプレートが豊富です。

一見するとテンプレートを使ったとは思えないデザインが多いので、その分の予算を写真やコピーに流用することで、より高品位なウェブサイトとユーザー体験を提供できることは間違いありません。

特に女性に向けたビジネスを展開される方にはオススメのデザインテンプレートですね。

最後に

こんなかんじで、Wordpressを利用することはデザインするという業務を思い切りすっ飛ばしてしまうので、デザイナーにとってはちょっと憂うつで、自分で自分の首を絞める結果になりますが、それよりもまずはお客さんのサイトで結果を出すことが目標です。

デザイナーの自己満足のためにお客さんのホームページが存在するわけではありませんからね。

弊社ではこういったWordpres導入のお手伝いも行っておりますので、お気軽にご相談ください。